フラッシュ脱毛 -脱毛方法

フラッシュ脱毛とは、インテンス・パルス・ライトという光エネルギーを利用した脱毛方法のことで、IPL脱毛・光脱毛と呼ばれることもあります。

インテンス・パルス・ライトは、医療用レーザーなどのレーザー光とは異なっており、特異な波長をもち、距離が遠くに離れるほど拡散する特性を持っている光なのです。

カメラのフラッシュのように、一瞬の照射にすることで、肌の表面の温度を上げず、毛根にのみ光のエネルギーを集中させることが出来るので、往来の脱毛法に比べ、肌への負担をかけずに脱毛することが可能です。

広範囲の脱毛をスピーディーに!

このようにカメラのフラッシュと同じような照射をするので、フラッシュ脱毛と呼ばれるようになりました。

施術時間が短いのに、広範囲を処理することが出来、傷みもほぼ無い脱毛方法となっているため、現在の脱毛方法の主流となっています。

フラッシュ脱毛の施術をするときには、専用ジェルを塗布して照射します。
専用ジェルには、肌を守る効果や美容効果がある成分が配合されているため、施術後の肌はスベスベの状態になります。

施術前後で注意する点は、日焼けをしないということです。
黒い部分に光が反応するので、日焼け肌にも反応してヤケドをする可能性があります。

フラッシュ脱毛の施術を行う前後は、日焼けをしないようにしてください。

フラッシュ脱毛の永久性は実証されていないのですが、フラッシュ脱毛により、毛母細胞が死滅した毛穴からは、ほぼ毛がはえてくることはありません。

個人差があるため、中には生えてきてしまう場合もありますが、大半の方が、永久的な脱毛に成功しており、ムダ毛の処理から解放されています。

しっかりカウンセリングを受け、毛周期に合わせて施術することによって、半年〜1年で施術完了します。