高周波脱毛 -脱毛方法

高周波脱毛とは、光脱毛(フラッシュ・IPL)やレーザー脱毛と同じような仕組みとなっており、光やレーザーではなく、高周波によって脱毛する方法となっています。

エステ用の高周波脱毛機器と家庭用高周波脱毛機器の2種類があります。

高周波脱毛には、永久的な脱毛効果は無いといわれています。
脱毛したい部分に、高周波をあてることで、ムダ毛が抜けやすくなるという効果があります。

時間はかかるが顔や眉毛などの処理もできる

太い毛に反応するため、細い毛や産毛には効果が現れにくいようです。
しかし、成長したムダ毛の処理を繰り返し行うことで、効率よく脱毛することができます。

高周波脱毛を行う際の痛みは、ほぼ無いといえるでしょう。
光脱毛などに比べると、施術時間に若干時間がかかります。
両脇の施術を行う場合、30〜1時間程度が目安になっています。

高周波脱毛のメリットとしては、顔にも使用できるため、眉毛などの処理も行えます。

1本1本を処理していくのですが、足や腕など広範囲の処理には、パッドを使用するため、1度に100本ほど処理することもできます。

家庭用の高周波脱毛機器は、エステティックサロンの高周波脱毛機器よりも、出力が弱くなっています。

出力が少ないため、肌への負担も少なくなります。

好きなときに、処理を行うことができるというメリットがあります。
1本1本を処理していかなければならないので、根気が必要となりますが、1年ほど続けていると、ムダ毛の処理が簡単になり、肌がスベスベになります。

特に、ビキニラインなどの処理をする場合、エステティックサロンでは恥ずかしい…と思う方には、家庭用高周波脱毛機器をオススメします。

毛抜きやカミソリでの自己処理では、すぐに生えてきてしまいますが、家庭用高周波脱毛機器を使用することにより、ムダ毛を根元から処理するため、生え始める速度も遅くなるのです。