レーザー脱毛 -脱毛方法

レーザー脱毛とは、光脱毛(フラッシュ脱毛・IPL脱毛)のように、光を当てて脱毛する方法のことです。

特殊な光をあてることによって、毛乳頭にある毛母細胞を破壊させて、ムダ毛を生えなくします。

レーザー脱毛と呼ばれる脱毛方法は、医療用となっており、エステティックサロンなどでは行っていません。
医療免許を持っている、美容クリニックや美容皮膚科・美容整形などで施術を行ってもらえるのです。

光脱毛よりも効果が高い!?

医療用レーザーにも種類があり、ルビーレーザーと呼ばれている比較的色白の方向けや、ダイオードレーザーと呼ばれている、ムダ毛を処理するために開発された機器など数種類があります。

医療用レーザーのため、光脱毛と呼ばれているエステティックサロンで行う光よりも、高出力での施術なので、光脱毛よりも効果が高いといえるでしょう。

広範囲で脱毛が出来るため、短時間で高い効果を得ることが出来ます。
また、産毛や短いムダ毛にも反応するので、短時間で痛みが少ないためニードル脱毛などよりも気軽に受けることが出来ます。

しかし、注意する点もあります。
レーザー脱毛は、黒いものに反応するため施術前に日焼けしたり、脱色などをすると、ヤケドの原因にもなってしまうため禁止となっています。

また、自己処理をしてムダ毛を抜いてしまった場合にも、レーザーが反応する黒いものが無いため、施術の数日前からの自己処理は行わない方がよいでしょう。

レーザー脱毛には、痛みがほぼありませんが、人によっては輪ゴムで弾かれた程度の痛みを感じるかもしれません。
脱毛する部位によっても、痛みの度合いが違っているようです。

高い効果を得られることや医療機関での施術となるため、光脱毛などよりも若干費用が高めになります。