ワックス脱毛 -脱毛方法

ワックス脱毛とは、脱毛用に開発されたワックス(ミツロウやパラフィンなど)を、脱毛したい部分の皮膚に塗布して、ムダ毛とワックスがくっついたら一気に剥がして、毛根からムダ毛を取り除く脱毛方法です。

家庭用のワックス脱毛は、ジェル状になっているタイプや、シートにワックスが塗布してあるタイプなど、自己処理で扱いやすいようになっています。

エステティックサロンで使用されているワックスは、固形になっており、温めることによって溶かします。
溶かしたワックスをスパチュラなどを使用して、脱毛したい部分に塗布します。

ワックスを縫った上に、綿や不織布を当てて、ムダ毛とともに引きはがすソフトワックスと、ワックス自体が固形化するハードワックスの2種類のタイプに分類されています。

一時的に脱毛が必要なときに、安価で手軽に行える脱毛方法となりますが、施術時に、ムダ毛を一気に抜き取るため、多少の痛みを伴います。

頭皮や顔以外に使用することができ、自己処理の方法としては手軽にできますが、背中など手の届かない部分の場合は、エステティックサロンで行うと良いでしょう。

ワックス脱毛を行うことにより、肌へのダメージがあるため、施術前後は、充分な肌ケアを行う必要があります。
毛の流れにそって剥がすことにより、肌のダメージや痛みを軽減させることも出来ます。

永久脱毛方法では無いため、施術後22〜3週間は、ムダ毛の無いツルツル肌で過ごせますが、毛周期に合わせて発毛を始めます。

ムダ毛を一時的に処理したい場合には、とても有効な脱毛方法といえるでしょう。
ただ、痛みに弱い方や肌が弱い方・肌トラブルの方には、あまりオススメ出来る脱毛方法ではないかもしれません。