Vライン脱毛 -部位別脱毛方法

Vライン脱毛とは、ビキニラインと呼ばれている部分の脱毛のことで、正面から見えるアンダーラインの処理のことを指します。

Vラインと言っても、アンダーラインからはみ出ている上部やサイドのみを脱毛する方法や、全てを脱毛する方法・好みの形に脱毛する方法など、さまざまな脱毛方法があります。

自己処理では、想像以上に難しく、デリケート部分なので肌トラブルを起こしやすいため、脱毛する人が増えています。

両ワキ脱毛に次いで人気のあるVライン脱毛

最近では、定番の両脇の施術の次に人気があります。

デリケートな部分になるので、Vライン脱毛を得意としている医療クリニックやエステティックサロンを、慎重に見つけるとよいでしょう。

どのような脱毛方法をするにしても、施術は1回だけでは終わらず、1〜2ヶ月に1回を6回以上通う必要があります。

薄着や水着の季節になってから、脱毛をはじめるということは、夏に脱毛を完了することが出来ません。
半年以上前から、施術を開始しておくのが一番ですが、遅くとも春ごろまでには、開始しておく必要があります。

どのような脱毛方法をするにしても、施術は1回だけでは終わらず、1〜2ヶ月に1回を6回以上通う必要があります。

レーザー脱毛や光脱毛など、一般的な施術方法は、日焼けが大敵になるので、ベストな開始時期は、秋からとなります。

Vラインを脱毛するときに、とても多い悩みが、どのような形にするか…となっています。
人それぞれ、体型なども違うため、その人に合った形を見つけなければいけません。

一般的には、ビキニラインからはみ出ないようにすることが多いのですが、海外のセレブには、2cm程度の幅で残していたり、全てを処理していたりします。

永久脱毛してしまうと、もう生えてこないため、どのような形にするかを慎重に決めるとよいでしょう。またデリケートな部分となるので、肌が弱い方やかぶれやすい人には、Vラインの脱毛は難しいといえるでしょう。