脇の脱毛は女性のたしなみ?

昔から毛深いのがコンプレックスでした。体の目立つところに無駄毛が生えやすい体質なのです。脇の毛は特に太く、伸びるのも早いので、手鏡を駆使して毛抜きで抜いていました。

学校を卒業し、働くようになって数年が経ちました。ホットペッパーなど割引クーポンを掲載したフリーペーパーが増えてきた頃の話です。美容特集のページに脱毛エステの広告が載っていました。レーザー脱毛などが普及してきて、美容情報に疎い私には聞いたことのないようなサロンが沢山あるようです。

かつて、最大手エステサロンで脇の脱毛トライアルコースを試したことがありました。そちらでは、ニードルを挿して施術するのですが、私の体質には合っていなかったようです。あまりの激痛に、もう二度とエステなんて行きたくないと思ったものです。その記憶が引っかかりつつも、家から出やすい大きな駅の店舗を選んで予約を入れました。

今度、通うことにしたエステサロンでは「光脱毛」を謳っていました。患部にジェルを塗り、機械で光を当てると、毛が弱って抜ける。二、三ヶ月に一度、施術して、二年間通うとかなり奇麗になるとのことでした。料金も手頃で、二年間で一万二千円。これなら私にも通えると思い、契約しました。

光脱毛は、輪ゴムではじかれたような痛みはありますが、耐え難いものではありませんでした。無事、二年通い続けると、完全になくなったわけではないものの、生えてくる毛の量は微々たる物でした。

それも細くなった毛なので、すぐに手入れが完了します。夏も憂鬱ではなくなりました。思い切って通ってみて本当によかった。